多品種少ロット生産の日本製傘

株式会社市原は、創業70年の豊富な経験と実績をもとにお客様のご要望にお応えします。

当社は東京日本橋の利便性を活用し1Fに工房を設置し傘職人による1本1本手作りの傘製造をおこなっております。
%e5%82%98%e4%bd%9c%e3%82%8a
当社では熟練の職人のみならず若手の職人の育成をおこない
日本製造としての傘作りを継承しております。
量産としては中国工場と連携し製造させて頂きます。
当社ではお客様の生地の持ち込みより防水、撥水、遮光、UV等の加工を施し傘生地としてリメイクも可能です。
有名メーカーによる生地素材のみならず医療用生地の指名もご用意させて頂きます。
山梨産甲州織の日本製生地を使用しての傘作りは得意分野となります。

tel%e5%b8%82%e5%8e%9f

 

Ramuda

 

1946年に立ち上げた初の自社ブランド当初はベルトの製造から始まり
実用品の雨傘としての機能性だけでなくファッション性を取り入れた
洋傘を提案。甲州織の生地を中心に自社で企画・製造した上質で張りの良い日本製傘を販売。幅広い年齢層の男性にご愛用いただいています。
Ramudaは必ずしも有限ではない傘作りを提案します。

会社概要

社名    株式会社市原 (ICHIHARA,CO.,LTD.)
所在地
〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-17-9
(2-17-9,NIHONBASHI KAYABACYOU CHUO-KU,TOKYO)
TEL:03-3669-2061
FAX:03-3669-2065
事業内容
傘製造、各種洋傘自社製造、自社ブランド運営
取扱品  洋傘、日傘、雨傘、雨具、革製品、ベルト、サスペンダー、マフラー、服飾雑貨卸売業、企画製造卸、ノベルティー商品企画製造、修理全般、OEM製造 など
創業    昭和21年6月10日(1946)
設立    昭和24年4月5日(1949)
資本金   3000万
社員数   10名

市原は、洋傘を核に色々な顔がある。

創業70余年市原は自社ブランドRamuda(ラムダ)を通じて
高品位な手づくり傘をお届けしてまいりました。
大量生産時代にあって失われてしまった、
長い間お使い頂けるための丁寧で個性のある製品作りをいまも心がけています。
この色々な顔で明日に挑む「市原」にどうぞご期待ください。

製品紹介

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせは下記フォームよりご連絡ください。

必要事項をご記入の上、[送信]をクリックしてください。

製品に関するお問い合わせ修理に関するお問い合わせ